【リンパ浮腫 スキンケア】意外に大事 習慣にして毎日肌を守りたい

セルフケア リンパ浮腫

こんにちは。

リンパ浮腫歴、5年以上になりました。
保存治療と外科治療を受け、今ではリンパ浮腫とうまくつきあっています。

セルフケアは、自分でできるリンパ浮腫治療のひとつ、といえます。
そのセルフケアを自分なりに工夫するのが好きだし、得意です。

セルフケアのなかでも、とりかかりやすくて簡単なスキンケア。

リンパ浮腫の肌のスキンケアには、大きく分けて次の2つの目的があります。

  • 肌をきれいに保つ
  • 肌の乾燥をふせぐ

簡単ですね。

それぞれの方法と、さらに皮膚について注意することが、いくつかあります。
あわせて、ご紹介します。

自分の努力次第でリンパ浮腫も軽くなるなら、やってみるにかぎります。

リンパ浮腫ではない人の肌、高齢の方の肌にもきっと役に立つお話しです。

基本は【肌をきれいに・乾燥させない】

まず、なぜリンパ浮腫の人はスキンケアをしなくてはならないか、から。

リンパ浮腫が進行すると、肌の状態は。

腫れている部分の皮膚がうすくなる
皮膚のやわらかさがなくなり皮膚がかたくなる
皮膚の水分がなくなる
乾燥すると皮膚のバリアがなくなる
普段は入ってこられない細菌などが皮膚から侵入する

そうなると、リンパ浮腫の人の大敵、蜂窩織炎(ほうかしきえん)がおきやすい。

リンパ浮腫の悪化や感染症をふせぐためには、スキンケアがとても大事なことがわかります。
ですから、特にリンパ浮腫の人は、スキンケアを毎日の習慣にしてしまいましょう。

肌をきれいに

スキンケアの基本中の基本は、肌をきれいに保つ、ということ。

ローションやクリームなど保湿剤を塗る前に、まず肌をきれいにしておきます。

バスタイムなどで、リンパ浮腫の体を洗うときに大切なこと。以下のとおりです。

  • ゴシゴシこすらない
  • せっけんの泡を泡だてて手で洗う
  • 弱酸性のせっけんを使う

順番に見ていきましょう。

ゴシゴシこすらない

ボディタオルなどで力を入れてこすると気持ちいいですが、肌を傷つけているかもしれません。

せっけんの泡を泡だてて手で洗う

ボディーソープやせっけんを、よく泡だてて手にのせ、手で体をこすりながらやさしく洗います。

ちょっと、ものたりない感じがしますか?
せっけんの泡が肌の汚れを吸いとって、実は汚れはちゃんと落ちているのです。

泡の表面にはたくさんのくぼみがあり、そのくぼみに汚れが吸い込まれるという原理になっています。

必要以上に皮膚を傷つけないためバリア機能も保つことができているのです。
最近では泡を作るグッズが多く売られていますので、利用されると便利です。

引用:亀田クリニック 医療ポータルサイト

弱酸性のせっけんを使う

せっけんやボディソープは、弱酸性のせっけんを使いましょう。
皮膚がもっている、バリアの働きまで落としてしまわないためです。

でも、どうしても手だけで洗うのはものたりない、というときがあります。
そんなときは、リンパ浮腫ではない体の他の部分は、やわらかいスポンジなどを使っても、かまわないと思っています。
私は、背中は(リンパ浮腫ではない)たまに、木綿のボディタオルでゴシゴシこすっています。

私が使っているせっけんは10年以上前から、ドクターブロナー マジックソープです。

主にがんの食事療法の情報を送ってくれるNPO法人があるのですが、そこがマジックソープを初めて日本に紹介しました。

肌に刺激がなく、香りもよく、流しても自然にかえる、というせっけんで、気に入っています。
ご参考までに。

肌を乾燥させない

スキンケアに大切な2つ目の基本は、肌を乾燥させないこと。

リンパ浮腫の肌を保湿して、バリアをつくりましょう。

バリアをつくって、蜂窩織炎(ほうかしきえん)や炎症の原因になる、雑菌などを入らせない。

乾燥した肌は、かたくなって皮膚本来の働きが弱くなります。
働きが弱くなると、細菌や汚れからリンパ浮腫の肌を守るバリアの役目が低下します。

そうなると、いつもなら入ってこない雑菌などが簡単に皮膚から進入してしまいます。

そこで、きれいにした肌に保湿剤を塗りフタをしてあげるつもりで、水分が逃げないようにしてあげます。

保湿剤を塗るときに、大切なポイント。

  • お風呂にはいったあと、15分以内に塗る
  • 薄くのばすように肌をなでるように塗る
  • 塗りすぎない

順に見ていきます。

お風呂にはいったあと、15分以内に塗る

肌の水分量は、お風呂にはいっている間と、でた直後が最高値になっています。
その後どんどん肌の水分量は減り、30分後は乾燥状態になってしまいます。

ですから、水分量が減り始める入浴直後から15分以内に塗るのがベスト。

私は、お風呂からでてすぐのところに、保湿剤を置いています。
入浴後3分以内には、脚に保湿剤を塗る習慣がつきました。
バスタイム後だけではなく、リンパ浮腫のところが水にぬれたりしたときも、早めに保湿剤を塗っています。

保湿剤を塗るタイミング、健康な人への調査では。

健康な人で比べたところ、風呂あがりから1分後と1時間後で保湿効果に差はなかった。
という記事が日経電子版にありましたが。

入浴直後は清潔なので、習慣にするにはよい
一度に多く塗るよりも、1日に2~3回に分けて塗るほうが効果が高い

引用:日経電子版 ヘルスUP健康づくり

と続けて書かれていました。

やはり肌を清潔にして、すぐに保湿剤を塗り習慣化してしまう、というのがいいようです。

薄くのばすように、肌をなでるように塗る

爪で皮膚に傷をつけたり、強い刺激をしないように手のひらで塗ります。

時間があるときは、足先や手先から上にむけてゆっくり手のひらで円を書くようにして塗ってもいいですね。
リンパが流れるマッサージ効果が期待できます。

塗りすぎない

0.5g(チューブで指の先から一番目の関節まで、ローションなら1円玉大)が大人の両手のてひらの広さを塗る目安です。

引用:亀田クリニック 医療ポータルサイト

とありますが、私はあまり細かい量まで気にせず、自分に合った適量で続けています。

保湿したらすぐに、医療用弾性ストッキングやスリーブをつけなくてはならないですね。

保湿剤の油分がストッキングやスリーブの劣化を早める、といわれていますので、そのためにも、塗りすぎないのがいいと思います。

保湿剤の選び方

  • 塗りやすい→ローションタイプ・ジェルタイプ
  • 乾燥が気になる→クリームタイプ
  • ノンアルコールタイプ
  • 弱酸性
  • 香りの強くないもの

医療情報をみると、上記のような保湿剤があげられています。

ただ、肌のタイプは個人差がありますので、絶対にこれでなくてはならない、という保湿剤はないと思っています。

いくつかの種類を試しながら、自分に合った保湿剤を探すことが大切です。

ちなみに、私がリンパ浮腫になってから試した保湿剤を、参考までに。

ベーテル保湿ローション
ユースキン
ヒルドイド

ベーテル保湿ローションは、ユースキンだとベタベタしすぎる夏や秋に使っています。

ユースキンは、子どもの頃から使っていました。
リンパ浮腫になってからも安心して、冬のスキンケアに使っています。

クリームタイプとローションタイプがあります。

まずは、クリームタイプよりローションを試してみたほうが、サラッとして使いやすいかもしれません。

ベーテルとユースキンの製品は、街のドラッグストアで売っている確率が高いです。

ヒルドイドは、リンパ浮腫を診る医師から「ヒルドイドは、とてもいいよ」と勧められました。
使った感想は、可もなく不可もなく。

が、別のリンパ浮腫を診る医師から「肌が赤くなるからヒルドイドはやめた方がいい」と言われました。
なんとなく、使うのをやめました。

医師にもいろいろな意見がありますので、保湿剤はまず実際に試して納得してから、使いましょう。

ご参考までに。

スキンケア以外でリンパ浮腫の肌に注意すること

スキンケア以外で、リンパ浮腫の皮膚に気をつけること、を調べるとたくさんありました。

ペットに噛まれたり、ひっかかれないように

虫に刺されないよう(刺されてもかかずに薬を塗る)

虫刺されの傷が気になったら早めに専門医へ

爪を切るとき深爪にならないよう

巻き爪なら皮膚科へ

脱毛は針や刃を使う方法は避ける(なるべく電動シェーバーで)

水虫ができたら早めに専門医へ

日焼けはやけどと同じなので気をつける

こんなに、あれもこれも気をつけないといけないの、とストレスになりそうです。
が、よく見れば、リンパ浮腫ではない人も当然気をつけた方がいいことばかり。

ストレスにならないよう、こんなことは当たり前のことよね、と鼻歌まじりに気をつけましょう。

おわりに

私は、いちど蜂窩織炎で救急搬送されて入院しました。

蜂窩織炎は、軽くすむ人からひどくなる人まで個人差がありますが、私はものすごくひどくなりました。

リンパ浮腫にスキンケアが大切、と身をもって経験したわけです。

メンドウなことはダメな性格ですが、清潔・保湿を基本にスキンケアを習慣にしてしまったら、ぜんぜん苦になりません。

ただ、スキンケアの方法は、それぞれの人の肌の質やリンパ浮腫の進行状態によって変わってきます。
疑問や困ったことがあれば、必ずリンパ浮腫の専門医に相談することを忘れずに。

*個人の経験をまじえてお話ししていますので、参考までにお読みくださると嬉しいです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。